工業系大学や技術専門学校でも、切削加工機などの操作・設計思想を伝える機会が少なくなっています。飯田製作所は、フッ素樹脂(PTFE)をはじめとする軟部材加工の知見の体系化を通じて、切削加工のデジタル人材養成に貢献します。

特に、産学連携にて樹脂製品の残留応力計測手法の開発を進め、これまでのアナログ的な製造生産知見のデジタル化により、ベテランの知見を若手へのノウハウ継承に取り組んでいます。(準備中)